ヘルタースケルター

ヘルタースケルター

2012年公開の日本映画、原作は岡崎京子の同名漫画です。

人気ファッションモデルのりりこ(沢尻エリカ)は、全身の美容整形を施し、その美貌でトップスターになる。
だが、生まれながらに美しいがゆえ美に執着しない新人・こずえ(水原希子)が登場し、りりこは次第に窮地に追い込まれていく。
そして、りりこは美容整形の副作用と仕事のストレスで、心身共に蝕まれていくのだった。

うーん、思ったほどの映画ではなかったような。

初っ端から沢尻エリカのヌードシーンがあり、それはそれで驚いたのですが、まあ何と言いますかそれだけでしたね。
迫力はありましたが、ずば抜けて美しいというわけでもなく。
もっとくびれが欲しい・・・。(笑)

また、こずえ役の水原希子もそれほど綺麗でもなく、とてもりりこを脅かす存在とは思えなかったのですが・・・。

物語では、若さと美の追求と老いの恐ろしさ、それと同じく芸能界の光と影、スターの盛衰みたいなものが描かれています。

少しよくわからないところがありました。

りりこのマネージャー・羽田美知子(寺島しのぶ)が、りりこの秘密を報道機関へ郵送したのは、どうしてなのでしょうか?
りりこを憎んでいたから?
それとも、スキャンダルでも、もう一度りりこにスポットを当ててあげたかったからなのでしょうか?

また、りりこはなぜ自分の眼を刺したのでしょうか?
さらに、ラストでリリコが海外の危ないショーをしている店で働いていましたが、整形手術の後遺症はどうなったのでしょうか?
本当ならば、もう皮膚はボロボロになっているはずなのに・・・。

映像的にはとても綺麗で美しい作品となっていますが、まあ、観た後にスッキリする映画ではないですね。

評価 5

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発