デスノート

デスノート

2006年公開の日本映画です。
同名漫画の劇場版(実写版)の前編で、後編は「デスノート  the Last name」です。

ある日、警察官を目指している大学生の夜神月(藤原竜也)は、道で黒いノートを拾う。
それは、死神のリュークが落としたもので、そのノートに名前を書かれた人間は死んでしまうという「デスノート」だった。
そして、現在の法律に限界を感じていた月は、デスノートを使って、犯罪者を裁き始めたのだった。

改めて観てみるとやっぱり面白い映画でした。

物語の前半はスピーディな展開で、一気に佳境に入っていきます。
月(ライト)役の藤原竜也は、原作とはイメージが違っていますが、もう慣れてしまいました。(笑)
対して ”L” 役の松山ケンイチは、イメージピッタリです。

物語の後半は、原作とは違った展開をみせますが、なかなか考えてあり、面白いストーリーでした。
ですが、昔 ”L” の部下だった南空ナオミ(瀬戸朝香)と恋人の秋野詩織(香椎由宇)をあっさり殺してしまう展開は、少しライトを冷酷に描き過ぎていたのではないかと思います。

みさみさ(弥海砂)役の戸田恵梨香は、やっぱり良いですね。
とても可愛らしく、また、いかにも頭の悪そうなアイドル役を上手く演じていました。
特に料理番組に出演しているシーンは絶品でした。(笑)

終わり方もよく、続き(後編)を観たくなります。

評価 7

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発