宇宙兄弟(劇場版)

宇宙兄弟(劇場版)

2012年公開の日本映画、原作は小山宙哉の同名の漫画です。

2025年、NASAでは、日本人宇宙飛行士の南波ヒビト(岡田将生)が月面長期滞在クルーのメンバーに選ばれ、記者会見に臨んでいた。
だが、時を同じくして日本では、自動車の設計をしていたヒビトの兄・南波ムッタ(小栗旬)がヒビトの悪口を言った上司に暴力を振るい、会社をクビになってしまう。
再就職も決まらず怠惰な生活を送るムッタ。
ヒビトは、そんなムッタに「一緒に月に行こう。」と呼びかけるのだった・・・。

かなり期待して観たのですが、残念な映画でした。

演出が良くないのか、ヒビトとムッタの宇宙への思いが伝わってきません。
ストーリーも原作とは違い、というより原作のいろいろなエピソードをなんとなくつなぎ合わせて2時間にまとめただけのような感じでした。

また、原作はまだ連載中なのに二人で月へ行く夢を叶えたかのような終わり方もあんまりです。
できれば、ムッタが宇宙飛行士になるまでの物語を映画にまとめた方が良かったのではないでしょうか。
それで、当たれば続編を製作という感じで・・・。

ところで、ヒビト役の岡田将生ですが、原作のイメージにピッタリでした。
ムッタ役の小栗旬もなかなか良かったと思いますが、大泉洋でもよかったかなと思います。
それから、伊東せりか役の麻生久美子が可愛らしく、お気に入りです。
彼女もイメージピッタリで原作の雰囲気もそのまんまでした。
年齢的にもマッチしてますね。(笑)

原作の漫画のイメージが強すぎたのでしょうか。
映画では、いまひとつ楽しめませんでしたと言いますか、不完全燃焼のような気分です。
ですが、ストーリーを知らずに初めて観られる方は、違った印象をもたれるかもしれません。

評価 6

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発