Zero WOMAN 警視庁0課の女(1995年)

Zero WOMAN 警視庁0課の女(1995年)

1995年公開の日本映画です。

警視庁0課は、警察内部でもごく一部しかその存在を知る者のいない裏の警察である。
0課の女刑事レイ(飯島直子)は、警察の手に負えない仕事をこなすため厳しい訓練を受け、上司・武藤(西岡徳馬)の下、危険任務を行っていた。
あるとき、レイは捜査1課の刑事・小田らとひき逃げ事件(殺人事件)を目撃するのだが、翌朝、その事件は普通の交通事故として処理されていたのだった・・・。

うーん、いまいちの出来でした。

アクションも迫力が無く、ストーリーも平凡でした。
とにかく映像に緊迫感がありません。
超法規的な捜査を行う裏警察「警視庁0課」に所属する女刑事・レイの苦悩をもっと描かなければ作品に深みがでないと思います。

また、レイ役の飯島直子の演技が迫力不足です。
ちなみに、公開当時、飯島直子のヌードシーンが話題になっていましたが、それも今一つで、たいしたことはありません。(失礼)

やはり、1974年公開の「0課の女 赤い手錠」の方が格段に良いと思います。

この作品の後、主役を変えて、次々と続編が製作されていますが、どんなものでしょうか?
あまり期待できないでしょうね。

評価 3

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発