テルマエ・ロマエ

テルマエ・ロマエ

2012年公開の日本映画で、原作はヤマザキマリの漫画です。

古代ローマの浴場設計技師・ルシウス・モデストゥス(阿部寛)は、ある日突然、ローマの公衆浴場(テルマエ)から日本の銭湯にタイムスリップしてしまう。
それ以降、ルシウスは何度もローマと日本をタイムスリップで行き来し、銭湯や家庭風呂、温泉などの設備や工夫を目の当たりにすることになる。
一方、漫画家志望の山越真実(上戸彩)は、なぜかルシウスが日本に出現するたびに彼と出会うことになり、そんな彼に魅かれていくのだった。

ローマに戻ったルシウスは、日本の銭湯を模倣した新たなテルマエを建造していく。
ルシウスのテルマエはとても斬新的だとローマ市民の間でも評判になり、ついにはローマ皇帝・ハドリアヌス(市村正親)から皇帝専用のテルマエの設計を依頼されるのだった・・・。

とても面白い映画でした。

タイムスリップにより、未来で体験した技術を古代ローマに持ち帰り再現するというありきたりな内容ですが、その対象が公衆浴場(テルマエ)という設定が秀逸です。
ルシウスが現代の技術を古代ローマでいかに実現させるか、その様子が面白いと思います。
特に奴隷がホースを使って浴槽に空気を送り込みバブルジェットの浴槽を実現するシーンでは爆笑しました。

この映画を観ると今のお風呂も結構ハイテクなのかなと感心させられます。

ルシウス役の阿部寛とハドリアヌス役の市村正親が、原作のイメージとピッタリでした。
特に阿部寛の濃さ(笑)がこの作品では活かされていますね。
また、山越真実役の上戸彩もなかなか良い演技をしていました。
乙女の多感な心情をうまく表現していたと思います。

次期皇帝候補・ケイオニウス役の北村一輝を見るとなんだか「大奥」を思い出してしまいました。
演技がそのまんまっていう感じです。(笑)

この作品、原作のエピソードを下敷きにしながら独自のストーリーが展開されていますが、原作のイメージを損なうことなく、とても上手に作られていると感じました。

でも、古代ローマの人々はそんなにお風呂が好きだったのでしょうか?

評価 8

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発