陰陽師

陰陽師

2001年公開の日本映画です。

長岡京から平安京に遷都してから150年、陰陽師と呼ばれる者たちが秘術を使って鬼や妖怪を鎮めていた。
ある日、帝と左大臣・藤原師輔の娘・女御任子との間に産まれた親王・敦平が原因不明の病に侵される。
源博雅(伊藤英明)に助けを求められた都の陰陽師である安倍晴明(野村萬斎)は、早良親王の塚を守るために人魚の肉を食べて永遠の命を授かった青音(小泉今日子)という女を連れ内裏に上がるのだった・・・。

懐かしい映画を観ました。
確か公開当時は劇場で観た覚えがあります。
物語がとても良く出来ており、何度観ても面白い映画です。

何と言っても晴明役の野村萬斎がいいですね。
雰囲気がピッタリ、まさに陰陽師といった感じがします。
また、晴明と敵対する道尊役の真田広之が、渋くてカッコ良かったですね。
演技も重厚ですね。
青音役の小泉京子も妙に色っぽく、ちょっと老けてはいましたが、なかなか良かったと思います。

ただ、早良親王の死の原因や道尊との関係が説明不足で、遺恨や怨念に深みが無かったように思えます。
また、最後の晴明と道尊の戦いも陰陽師同士の戦いらしく、もっといろいろな秘術を繰り出して出して欲しかったですね。

圧倒的なスケール感はありませんが、コンパクトにまとまっていて、まあまあ楽しめる映画だと思います。

評価 6

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発