チャイナ・シンドローム

チャイナ・シンドローム

1979年製作のアメリカ映画です。

テレビ局の人気女性リポーター・キンバリー・ウェルズ(ジェーン・フォンダ)は、カメラマンのリチャード・アダムス(マイケル・ダグラス)とともに原子力発電所を取材していた途中、何かのトラブルが発生する。
窓越しに見ていたキンバリーたちには制御室の詳しい状況は分からなかったが、中では管理者・ジャック・ゴデル(ジャック・レモン)と技術者たちの慌てている様子が見てとれた。
尋常な事態ではないと感じたリチャードは、撮影禁止の場所だったが事態の一部始終を隠し撮りするのだった。

古い映画です。

初めて観たのは、VHS版のビデオだったと思います。
ストーリーもほとんど覚えていませんでしたが、あらためて観てみるとすごくリアルで、緊迫感があると感じました。
特に福島の原発事故と重なり、最悪の事態に陥らずにホッとすると同時に、ずっと以前から原発の危険性を提唱していた人々がいたのだなと感じます。

チャイナ・シンドロームとは、原発がメルトダウンを起こしたとしたら、地球を突き抜けて中国まで熔けていってしまうという意味だそうです。
もっともアメリカの裏は中国ではありませんが。

ゴデルは、原発に手抜き工事があったことを知り、その危険性を世間に訴えようとしますが、最後にはそのことを隠そうとする会社側に射殺されてしまいます。
いつの時代でも巨大組織の隠ぺい体質は変わりません。

原発事故を防ぐために命を懸ける原発管理者と不祥事を揉み消そうとする利益優先の経営者の対立がリアルに描かれています。

真実を告白する途中で死んでいったゴデル。
とても悲しく、悔しい思いがします。
でも、一端は会社側に加担したゴデルの同僚・テッドが、彼の行動が正しかったこと、彼はヒーローだったことをテレビ中継の前で語る場面により、心慰められます。

話しが変わりますが、マイケル・ダグラスの若さも必見です。

とても良くできた作品だと思います。

評価 9

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発