バイオハザードII アポカリプス

バイオハザードII アポカリプス

2004年公開のアメリカ映画、「バイオハザード」シリーズの2作目です。

アンブレラ社の地下研究所「ハイブ」から、地上のラクーンシティにアンデッド達が溢れ出し、壊滅状態に陥る。
事件の隠蔽を図るアンブレラ社は、市民を残してラクーンシティを封鎖する。
町に取り残されたS.T.A.R.S.の若き女性隊員・ジル・バレンタインは同僚の警官らとともに教会へ逃げ込む。
だが、その中には何匹もの変異した化け物が隠れていたのだった・・・。

 

バイオハザードの中ではこの2作目が一番好きです。

なんといってもアリス役のミラ・ジョヴォヴィッチがカッコいいですね。
アクションも見応えがありますし、とてもセクシーです。

アクション派の女優では、「トゥームレーダー」や「ソルト」などに出演していたアンジェリーナ・ジョリーもカッコ良くて素敵なのですが、個人的にはアンジェリーナ・ジョリーよりもミラ・ジョヴォヴィッチの方が好きです。
彼女が来日したときの記者会見の様子では映画とは違って、とても大らかな性格の様でした。
そんなところが好きなのですが。

ところで、この作品では彼女のヌードシーンがあります。
でも、ちょっと貧乳気味かな?
そこがまた気に入っているのですが(笑)

また、アリスと同じく活躍するジル役のシエンナ・ギロリーもなかなかです。
いきなり警察署に現れてアンデッド達を撃ち殺すシーンは良かったですね。
クールで美人、そして強い。
アリスと十分に張り合える存在ですね。

後半、脱出したヘリコプターが墜落してアリスは死んだようなのですが、アンブレラ社の研究所で蘇生したのでしょうか?
それとも彼女のクローンなのでしょうか?
ちょっと気になります。

ストーリーも面白く、迫力あるアクションを十二分に楽しめる作品だと思います。

評価 8

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発