SP 革命篇

SP 革命篇

2011年公開の日本映画です。

官房長官襲撃事件の2か月後、井上(岡田准一)たち第四係のメンバーは、麻田内閣の不信任決議が行われる国会議事堂の警護に当たることになる。
だがその裏では、尾形(堤真一)の人生を賭した革命計画が実行されようとしていた。
国会内に潜入したテロリスト達は、彼らに共鳴するSP達と共謀し、衆議院棟を制圧するのだった・・・。

 

SP 野望篇」の続編で、シリーズ完結編です。

とても面白かったです。
物語全編に渡り、緊迫感があって、ハラハラ・ドキドキ、物語に見入ってしまいました。
アクションシーン、特に格闘シーンはいつもどおりでカッコ良く、井上たちの活躍が見ものです。

この作品では、SP 対 SP の迫力ある対決シーンが観られます。
劇中、山本の「SPって強いなあ」という台詞が印象に残ります。
第四係のメンバーって、強者揃いなんですね。
(そうは見えませんが・・・)

また、女性SPの笹本(真木よう子)対 青池(入山法子)の格闘シーンも見ものです。
美人2人の格闘はいいですね。(笑)

物語の展開もスピーディで、アクション満載、最後まで楽しめる作品に仕上がっています。

最後、尾形を裏切った(騙していた?)伊達幹事長(香川照之)はどうなったのでしょうか。
ものすごく気になっています。

とにかく、尾形対井上の対決を楽しんでください。

評価 7

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発