SAYURI

SAYURI

2005年公開のアメリカ映画です。

貧しい漁村の姉妹が生活苦のために人買いに売られる。
そして、姉は女郎屋に買われ、妹・千代(チャン・ツィイー)は、花街の置屋に買われることになる。
千代は同じ置屋の芸者・初桃(コン・リー)に虐げられ、厳しい生活を送っていたが、ある日、人気芸者の豆葉(ミシェール・ヨー)に見いだされ、芸者になるための稽古を始めるのだった・・・。

 

なにか夢の世界にいるような映画でした。
映像も綺麗で、華やかさがあり、独特の雰囲気でした。

アメリカ映画の割には日本人の心情がよく表現されていたと思います。
日本の物語なのに俳優陣は外国人が多くて、微妙な感じもしましたが、千代役のチャン・ツィイーが見事な演技を魅せてくれました。
まるで「LOVERS」を思わせるような音楽と踊りでした。

千代を演じるには、チャン・ツィイーでは若干年齢が高いかなという感じもしますが、でも綺麗でした。

また、日本人俳優としては、会長役の渡辺謙、延さん役の役所広司、置屋のおかあさん役の桃井かおりなどが出演しています。
ベテランの芸達者を集めていますね。
なかでも桃井かおりのおかあさん役が役柄にピッタリの雰囲気でしたね。

千代が思いを寄せる会長さん。
結ばれそうで、なかなか結ばれない展開はイライラしますが(そこがまたいいのでしょうが?)、ラストはハッピーエンドで良かったです。

評価 7

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発