アンダルシア 女神の報復

アンダルシア 女神の報復

2011年公開の日本映画、テレビドラマ「外交官 黒田康作」の続編です。

スペイン北部の小国で日本人の投資家・川島直樹(谷原章介)の遺体が発見され、外交官・黒田康作(織田裕二)は事件の調査に向かう。
だが、第1発見者のビクトル銀行の行員・新藤結花(黒木メイサ)は、不信な行動を取り、取調べでも何かを隠している様子である。
また、インターポールの捜査官・神足誠(伊藤英明)も捜査情報を隠そうとするのだった。

 

この作品もまあまあの出来だったと思いますが、個人的にはドラマ版の黒田康作の方が好きです。

いつもの様に事件の謎解きが中心ですが、ちょっと物語の展開スピードが緩慢かなという気がします。
また、せっかく黒木メイサが出ているので、もう少し彼女のアクションシーンなどの見せ場が欲しかったと思います。
何と言っても黒木メイサです。それしかありません。(笑)

それと「アマルフィ 女神の報酬」と同じく安達香苗役で戸田恵梨香が出演していますが、ほんのおまけ程度の出演でガッカリでした。

ラストシーンで新藤結花の正体が暴かれますが、ちょっと驚きましたが、それに至る展開(黒田が死んだと思い込ませる手口)は月並みで、先が読めてしまい興ざめです。

ということで、同シリーズ中では評価は低めですが、それなりに面白い映画ではあったと思います。

また、続編が製作されればいいですね。

評価 6

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発