呪怨

呪怨

2003年公開の日本映画です。

介護ボランティアをする女子大生の仁科理佳(奥菜恵)は、頼まれた徳永幸枝の様子を見るために自宅を訪れる。
悪臭が漂いゴミが散乱する部屋で幸枝を発見するが、幸恵は何も話さず放心状態だった。
そのとき家の中で奇妙な音がする。
様子を見に行く理佳だったが、そこには・・・。

 

あまりに暑いのでホラー映画でも観てみようと思いました。
昔の映画ですが全編を通して観るのは初めてです。
物語はオムニバス形式で展開しますが、全てのエピソードが繋がっていて、ひとつのストーリーになっています。

佐伯伽椰子の怨念(幽霊?)が事件を起こしているのですが、この伽椰子が不気味ですね。
この作品の中では伽椰子の過去については少ししか触れられていません。
それゆえ不気味さが増しているようにも思えます。

かなり恐いという評判でしたが、個人的にはそんなものかなという程度でした。
でも、伽椰子の登場シーンは、「リング」の貞子と同じくインパクトがありました。
あと、ジャケットにも写っている伽椰子の子ども・俊雄が、部屋をフラフラと横切っていくシーンは結構良かったですね。

物語自体は、伽椰子の怨念が宿った佐伯家に入った人々が謎の死を遂げるという平凡なものなのですが、それをうまく演出し、映像化してあると思いました。

また、理佳役の奥菜恵、仁美役の伊東美咲、いづみ役の上原美佐など綺麗な女優が出演しており、見応えがあります。
やはり、ホラー映画には美女のヒロインが必要ですね。(笑)

この作品はシリーズ作で、ビデオ版が2本、劇場版が2本あるそうですが、すべてストーリーが繋がっているらしいので、他の作品も観てみたいと思います。

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発

Comments

  1. Pingback: 呪怨 2 | Every day is Sunday.

Comments are closed.