12人の優しい日本人

12人の優しい日本人

1991年公開の日本映画です。

ある陪審審理のために12人の陪審員が集められる。
事件はある男性の殺人事件で被告は元妻の21歳の女性だった。
最初の多数決では被告が若くて美しい女性ということもあって全員が無罪に挙手するのだったが、議論好きの陪審員2号が無罪の根拠を一人一人に問い詰め始めたことから、審議は意外な展開していくのだった。

 

見応えのある映画でした。
12人の陪審員が個性豊かに描写されており、物語はユーモラスに進行していきます。

最初の多数決で被告が若くて美しい女性だということで、無罪としたところなどはちょっと現実離れした感じなのですが、気持ちはわからないでもありません。(笑)

その後、議論好きの陪審員2号(相島一之)と陪審員9号(村松克己)が中心となって話し合いを進めていきます。
思わず「居る、居る」と突っ込みたくなる人たちです。

また、どっちつかずの陪審員8号(山下容莉枝)や自分の意見をうまく伝えることのできない陪審員10号(林美智子)、陪審員3号(上田耕一)などは、いかにも日本的な人物で特徴をうまく表現していたと思います。

陪審員長を務める陪審員1号(塩見三省)の「有罪を言い渡したことが心に重くのしかかっている。」という言葉が印象的で、確かにそうかも?と考えてしまいます。
同様の意味で、現在の裁判員制度においても裁判員になった人は大変だろうなと思います。

終盤、陪審員11号(豊川悦司)が予想外の活躍をすることろも見所です。
チャランポランな感じだったので意外でした。

また、最初に有罪を主張した陪審員2号ですが、最初はなかなか立派なことを言っているなと感じましたが、最後は理屈も何もなく、感情だけで有罪を叫んでいる様子が以外でしたね。
その時、誰かが言った「あなたは議論をしているのではなく、意見を押しつけているのだ。」というセリフが印象に残っています。

審議は有罪・無罪が2転3転しますが、事件の細部がよく考えられているため、有罪となる理屈も、無罪となる理屈も妙に納得させられます。
最後は思いもかけない展開になりますが、すっきりした気分になります。

評価 8

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発