亡国のイージス

亡国のイージス

2005年公開の日本映画です。

海上自衛隊のイージス護衛艦・「いそかぜ」が、海上訓練指導隊の溝口3佐(実は某国のテロリスト・ヨンファ)(中井貴一)と副艦長・宮津(寺尾聰)の共謀によって乗っ取られる。
彼らは、僅か1リットルで東京中の生物を死滅させる威力を持つ「GUSOH」と呼ばれる特殊兵器で日本政府を脅迫する。
だが、「いそかぜ」の乗員たちが全員離艦させられるなか、諜報機関DAISの調査官・如月(勝地涼)と艦内に戻った先任伍長の仙石(真田広之)は、彼らの謀略を阻止すべく反撃を開始するのだった。

 

面白い映画です。

ストーリーも良く、映像も迫力があります。
物語全編を通して緊迫感があり、アクションシーンもなかなかでした。
なんといっても本物のイージス艦は存在感があります。
日本映画としては秀逸だと思います。

ヨンファ役の中井貴一が良かったですね。
本当は何を考えているのかよくわからない、某国諜報員の恐ろしさが伝わってきます。

仙石役の真田広之もなかなかです。
彼のアクションは安心して観ることができますね。
役どころとして少し青臭いところもありましたが、結構共感できる部分はあります。
ヒーローが先任伍長という設定も物語を面白くしていると思います。

DAIS調査官の如月ですが、ヨンファと遭遇することになるのですが、撃つことを一瞬躊躇したため、逆にヨンファに撃たれてしまいます。
可哀相なシーンです。
でも、そのときに仙石が言った「考える前に考えろ」という言葉はちょっと?という感じでした。

あとヨンファの妹?で同じ諜報員役のチェ・ミンソが印象に残っています。
かなり強かったですね。
劇中では彼女は全くしゃべりません。それがなおさら意志の強さを現しています。

この映画を観て「沈黙の戦艦」を思い浮かべましたが、スティーヴン・セガールとトミー・リー・ジョーンズにも負けない出来だったと思います。

評価 9

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発