劒岳 点の記

劒岳 点の記

2009年公開の日本映画、原作は新田次郎の小説です。

明治39年、陸軍参謀本部陸地測量部の測量官・柴崎芳太郎(浅野忠信)に前人未踏の山とされてきた剱岳への登頂と測量の命令が下る。
日本山岳会の小島烏水(仲村トオル)らが剱岳への登頂を計画していたため、 陸軍のメンツにかけて、何としても剱岳への発登頂を成功させよという厳命だった。
柴崎は越中大山村の山案内人・宇治長次郎(香川照之)を雇い、下見に出発する・・・。

 

とても綺麗な映像でした。
立山連邦の大自然がとても美しく撮影されています。

物語は測量隊と山岳会の競争を軸に展開します。

世間ではどちらが初登頂を成すのか盛り上がるのですが、柴崎はそんなことは気にせずに黙々と測量の任務に励みます。
柴崎にとっては、剱岳に三角点を設置して日本地図を完成させることの方が重要だったのですね。
そんな柴崎を浅野忠信が淡々と演じています。
冷静で優しく、温かい雰囲気が現れていて、とても好感が持てました。

そんな柴崎を支える妻・柴崎葉津よ役の宮崎あおいがとても可愛らしくて良かったです。
夫を尊敬して、穏やかに見守る葉津よ役にピッタリだったと思います。

また、測量隊の一員・生田信(松田龍平)は、最初は剱岳の初登頂を山岳会に奪われまいと柴崎や長次郎を急かしますが、徐々に自然の厳しさや仲間の大切さ・謙虚さなどを学んでいきます。

「点の記」とは、三角点を設置・測量した記録のことで、3等三角点以上が対象となります。

当時の未発達な測量技術と登山装備で、様々な困難と戦いながら測量を行う柴崎たちですが、案内人の宇治長次郎の活躍によりみごと剱岳の初登頂を成し遂げます。
でも、山頂にはかって修験者が登頂したであろう痕跡が残されています。
結局、陸軍では初登頂として評価されず、また、あまりの険しさのため 4等三角点しか設置できなかったため、測量隊の活躍は点の記には記録されません。

ですが、競争相手だった山岳会のメンバーは、測量隊の偉業を称えます。 感動の場面です。

山男と呼ばれる人たちは、世間の評価よりも、自分自身で誇れることを成し遂げたか、ということを一番大切にしているのでしょうね。

評価 8

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発