インストール

インストール

2004年公開の日本映画、原作は綿矢りさの同名の小説です。

登校拒否児となった高校生の朝子(上戸彩)は、ある日マンションのごみ捨て場で小学生の男の子・かずよし(神木隆之介)と出会う。
かずよしは、朝子が捨てた動かなくなったコンピューターを持ち帰り、OS をインストールし直して、使えるようにする。
そして、朝子にコンピューターを使った風俗チャットのアルバイトをやらないかと言ってくるのだった・・・。

 

原作の小説は読んでいません。
映画は思っていたより面白かったです。

主人公・朝子役の上戸彩が、若々しく弾けんばかりの高校生を演じて(地かな?)おり、とても良かったです。
特に小学生のかずよしとの掛け合いが面白く、楽しく観ることができました。

また、チャットレディとして主婦を演じる朝子ですが、最初は戸惑っていたものの慣れていくうちにチャットで男性が喜ぶ話し方のコツなどを語り出すところは良かったですね。
思わず「そうなのか!」と唸ってしまいました。

ただ、朝子がチャットで Hな話をしているうちにだんだん興奮してくる場面は、少々色っぽさが足りなかったような気がしました。
上戸彩だから仕方が無い気もしますが・・・。

そういえば、朝子がかずよしと出会う場面では、かずよしが朝子のパンツを見ているのですが、朝子のパンツは見えないはずです。
正確に言えばパンツの上に何か短パンのようなものをはいています。原点対象ですね。

ところで、この物語の終わり方ですが意味が良く理解できませんでした。
でも、なぜかすがすがしさを感じました。
この映画あまり評判が良くなかったようですが、私は結構好きですね。
綿矢りさの作風が伝わって来るような感じがします。
今度、原作の小説も読んでみようと思いました。

評価 6

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発