沈黙の戦艦

沈黙の戦艦

1992年制作のアメリカ映画です。

退役を迎え最後の航海に出たアメリカ海軍の戦艦・ミズーリが副艦長・クリル中佐(ゲイリー・ビューシイ)の手引きにより、元 CIA エージェントのストラニクス(トミー・リー・ジョーンズ)が率いるテロリスト集団が乗っ取られてしまう。
彼らの目的は、艦に搭載されている核弾頭搭載のトマホーク巡航ミサイルだった。
そして、コック長のケイシー・ライバック兵曹(スティーヴン・セガール)は、一人テロリスト集団へ立ち向かうのだった・・・。

 

お馴染みの沈黙シリーズの第1弾です。
この作品以降、スティーヴン・セガールの出演作には「沈黙」の冠が付くようになった訳ですが、本当の続編は「暴走特急」だけです。

でも、初めてこの作品を観たときはインパクトがありました。
いままでに何回も観ましたが、いつ観ても面白いですね。
銃撃戦や格闘シーンなど迫力があるアクションシーンが見ものです。
また、戦艦や潜水艦などスケール感があり、見ごたえがあります。

また、ヒロイン・ジョーダン・テイト役のエリカ・エレニアックがセクシーですね。
それにとても可愛らしく気に入っています。
ジョーダンがケーキから飛び出す場面ですが、何と上着を着ていないのです!
予想外でしたが、嬉しいシーンです。

テロリストのリーダー役のトミー・リー・ジョーンズも味があって良かったです。
やはり今よりちょっと若い感じがします。
狂気を帯びた、でも頭脳明晰なテロリスト役をうまく演じていたと思います。

小難しいことは考えず、気楽に楽しめる作品だと思います。

評価 8

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発

Comments

  1. Pingback: 亡国のイージス | Every day is Sunday.

Comments are closed.