遊星からの物体X

遊星からの物体X

1982年公開のアメリカ映画です。

ノルウェー南極観測隊のヘリに乗った男が1匹の犬を追ってアメリカ南極観測隊の基地まで飛んでくる。
男は止めようとしたアメリカ隊員を撃ち、なおも犬を追って基地に侵入しようとしたため、隊長に射殺される。

ノルウェー隊に何が起こったのか調べるためにヘリ操縦士のマクレディ(カート・ラッセル)たちがノルウェー基地に向かう。
そこで彼らが見つけたものは、異様に変形した焼死体だった。

一方、逃げてきた犬は犬小屋に入れられるが、人気が無くなるとその犬の顔が割れて、なかからグロテスクな生物が姿を現すのだった・・・。

 

昔、映画館で観たことがあります。
懐かしい映画ですが、いま観てもまあまあ面白い作品でした。

タイトルが変わっていますね。
原題は「The Thing(それ)」なのですが、邦題を決めるのに苦労したのでしょう。
“物体X” は正体不明の生物を現していると思いますが、”遊星からの” はどうしてでしょうか?
物語の中では、遊星から来たかどうかははっきりしません。
ちなみに、1951年の映画に「遊星よりの物体X」があります。
こちらは “よりの” になっていますね。

物語のなかでは、謎の生物の全体像は登場しません。
細胞を同化させてどんな生物にも変身できる特性を持った生物なので、ほんとうの姿もわからないのでしょう。
でも、かえって想像力が膨らみます。

誰が人間で誰が人間でないのか分からない、という緊迫した状況下での隊員達の心理状態とそれを打開しようとする姿がよく描かれています。

ラストでまだ生き残っている二人の隊員は、各々相手を人間だとは信じてはいないようですが、もう詮索はしません。
どちらにしても、あと数時間で凍死してしまう運命なのですから・・・。

でも、もしもどちらかが謎の生物だったら、人類の運命はどうなるのでしょうか?

ちょっと変わったSF・ホラー映画です。

評価 7

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発