この子の七つのお祝いに

この子の七つのお祝いに

1982年公開の日本映画です。

原作は第1回横溝正史ミステリ大賞を受賞した斉藤澪の同名小説です。
次期総理の座を狙う大蔵大臣磯部の私設秘書・秦一毅の元お手伝い・池畑良子(畑中葉子)が何者かに惨殺される。
ちょうどそのとき、ルポライターの母田耕一(杉浦直樹)は政界の謎をあばこうと秦の身辺を探っており、事件は池畑良子から秘密を聞き出す約束をしていた日の前日に起こったのだった。
秦の内妻・青蛾(辺見マリ)は手形占いをしており、政財界の大物たちが大金を払って占いを依頼しに訪れるという。
だが、彼女の素性は一切不明で謎に包まれていた。
母田は、青蛾が秘密を知っている池畑良子を殺したのではないかと疑いを持ちはじめ、青蛾の過去を調べ始めるのだった・・・。

 

よくできたミステリーだと思います。
女の恨みは恐ろしいってほんとうですね。

真弓役の岸田今日子の演技は鬼気迫るものがあります。
冒頭のシーンだけで、恐ろしさが伝わってきます。

ゆき子役の岩下志麻もさすがですね。
真実を知ったときの彼女の様子がとても悲しく思えました。
母の復讐のために運命を狂わされてしまった女性をみごとに演じていたと思います。

母田の後輩の事件記者・須藤役の根津甚八もしぶい演技を見せてくれます。
でも、事件の真相を解明できたのはほとんど母田のおかげなのですが・・・。
ゆき子のスナックで母田と密談する須藤ですが、こんな偶然があり得るでしょうか。
また、ずっと昔からゆき子に協力してきた青蛾までもが殺されてしまう展開はあまりに非情ですね。

作品全般の雰囲気は、暗く陰気で不気味。 金田一耕助シリーズの映画にとてもよく似ています。
でも、後味はそれほど悪くはありません。

犯人の仕掛けたトリックを解明する物語ではなく、人間の怨念、それによってねじまげられてしまった女性の悲しい運命を描いた作品となっています。

評価 8

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発