ゴリラ

ゴリラ

1986年公開のアメリカ映画です。

マフィアによって息子を殺されたFBI捜査官のハリーは、FBIの内部に裏切り者がいると気づき、田舎の警察に勤務している元FBI捜査官のマーク(アーノルド・シュワルツェネッガー)に復讐を依頼する。
マークは捜査中に爆発に巻き込まれ死亡したように見せかけ、別人になりすましマフィアへ潜入するのだった。

 

久しぶりにシュワルツェネッガー主演の映画を観ました。
さすがに、シュワちゃんもまだ若いですね。

でも、まあ、シュワルツェネッガーが強さを見せつけるだけの映画でした。
ストーリーもそれほど楽しくありません。

冒頭、証人を護衛しているFBI捜査官たちをマフィアが襲うシーンは、その後の展開に期待を持たせてくれますが、それ以降、全く緊張感が無く、のんびりとした雰囲気で物語が進んでいきます。

ラスト、シュワちゃんがマフィアの隠れ家へ乗り込もうと、たくさんの銃を準備するシーンは、「コマンドー」を思い出します。

ワクワク。

で、いつもどおりの暴れっぷりを魅せてくれるシュワちゃんですが、それだけの映画でした。
でも、その暴れっぷりが微妙に中途半端です。
もっと思いっきり暴れてくれれば、スカッとした気分になれたのにと思います。

もっとも、あんなに強いのなら最初からマフィアをやっつければよかったのに・・・
と思うのは私だけでしょうか。(笑)

でも、シュワルツェネッガーは、ほんとうにラブシーンが似合いませんね。

評価 4

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発