リアル・スティール

リアル・スティール

2011年公開のアメリカ映画です。

2020年の世界では、ボクシングの代わりにロボット同士が対戦する格闘技が人気を博していた。
元プロボクサーのチャーリー・ケントン(ヒュー・ジャックマン)も、中古のロボットを使った賭け試合で生計を立てていた。

ある日、別れた妻が亡くなり、残された息子のマックス(ダコタ・ゴヨ)の養育権について、妻の姉・デブラと話し合いをすることになる。
チャーリーは、デブラの夫・マーヴィンが金持ちであることに気づき、借金を返すためにマーヴィンに10万ドルで息子を渡すと持ちかける。

しばらくして、チャーリーのもとにマックスがやって来て、二人の生活が始まるのだったが・・・。

 

とても面白い映画でした。

何といってもロボット格闘技のシーンがリアルで、とても迫力がありました。
また、スクラップ場で拾ったオンボロロボットのアトムがハイテクを駆使した最新鋭のロボットと互角の戦いを繰り広げる展開も痛快でした。

この作品、基本的には親子の絆をテーマにしていますが、シルヴェスター・スタローンの「オーバー・ザ・トップ」を思い出します。
どちらも父と息子の物語で、子どもが父親の勇姿を見て親子の絆を取り戻すという展開です。
得てしてこういう物語では、父親よりも息子の方がしっかりしていますが、この作品も同様です。

息子役のダコタ・ゴヨが可愛く、良い演技だったと思います。
父親役のヒュー・ジャックマンもなかなか役柄に似合ってましたが、別に彼じゃなくても良かったような気もします。

また、チャーリーの生活を支えていたベイリー(エヴァンジェリン・リリー)ですが、物語的には重要な役割でしたが、いまひとつ彼女の立場(同居人? 恋人? 師匠の娘?)が良くわかりませんでした。

最後にアトムはチャンピオンのゼウスと対戦することになります。
もうありきたりの展開でストーリーがミエミエですが、そうこなければ面白くありません。

いったい勝負の決着はどうなるのでしょうか?

評価 8

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発