007 ゴールデンアイ

007 ゴールデンアイ

1995年公開のアメリカとイギリスの合作映画です。

ロシアの犯罪組織「ヤヌス」のメンバーであるゼニア・オナトップ(ファムケ・ヤンセン)とウルモフ大佐(ゴットフリード・ジョン)は、秘密兵器「ゴールデンアイ」を奪うため、ロシアの秘密基地を襲い兵士と職員を皆殺しにする。
だが、ただひとり女性プログラマーのナターリア・シミョノヴァ(イザベラ・スコルプコ)が奇跡的に生き残る。
そして、Mの命令を受けたジェームズ・ボンド(ピアース・ブロスナン)は、「ヤヌス」の手掛かりを探し始めるのだった・・・。

 

「007 ジェームズ・ボンド」シリーズの映画ですが、ボンド役としてピアース・ブロスナンが演じた初めての作品です。

何度も観たのですが、とても面白い作品です。
ストーリーも良く出来ており、アクションシーンも見応えがあります。
冒頭の化学兵器工場へ侵入するシーンから見せ場の連続です。
また、おなじみのボンドが使う秘密兵器も楽しめます。

007と言えば、華麗な女性陣も見所のひとつですが、特にナターリア役のイザベラ・スコルプコがとてもセクシーでいいですね。
気が強いところも気に入っています。

また、敵の女性ですが、ゼニア・オナトップという名前が凄いですね。
彼女は足で男を絞め殺すのが得意技で、とてつもない脚力を持っています。
でも、その技で男が殺されるシーンはちょっと笑ってしまいます。

話が代わりますが、この映画を観るとNINTENDO64用のゲーム「ゴールデンアイ 007」を思い出します。
ジェームズ・ボンドとして数々の指令をクリアしながら、「ゴールデンアイ」の秘密を探っていくというアクションゲームです。
基本的なストーリーは映画と同じで、とても面白く良く出来たゲームでした。
私は誤って何度もナターリアを撃ち殺してしまいました。(笑)

この映画では、なぜか最後にボリスが「やった!俺は英雄だ!」と叫びながら凍ってしまうシーンが強く印象に残っています。

評価 8

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発