最終兵器彼女

最終兵器彼女

2006年公開の日本映画です。

原作は高橋しんの漫画で、略称は最彼(さいかの)です。

北海道小樽の高校生・ちせ(前田亜季)は、思いを寄せるシュウジ(窪塚俊介)に告白し、二人は付き合い始める。
ある日、札幌市街が敵からの爆撃を受ける。
遊びに来ていたシュウジが爆発に巻き込まれそうになったとき、背中から鋼鉄の羽をはやした姿のちせに助けられる。
実は、ちせは自衛隊の最終兵器だったのだ・・・。

 

原作の漫画は読んだことがありませんが、内容をよく知らなくても結構楽しめる映画でした。

彼女の変身した姿がカッコ良かったですね。
そのちせ役の前田亜季ですが、なかなか頑張っていたと思います。

ちせ

ただ、原作のちせ(絵を見ただけですが。)は、もう少し幼く、純粋無垢といった感じですね。

サイカノ・コミック

微妙に違いますが、サイカノのファンはどう思うでしょうか?

原作ではどうなっているのか分かりませんが、もう少し彼女の戦闘・アクションシーンがあればもっと良かったですね。

でも、この映画を観る限り、原作の漫画では高校生の純愛がテーマだったみたいですね。
(原作の絵柄からの想像では)かなりマニアックな漫画だったのでしょうか?

最後、ちせが自分の思いを交換日記に書き残して、行ってしまうシーンは良かったですね。
(でも、交換日記なんて言葉は久しぶりに聞きました。)

評価 6

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発