人喰猪、公民館襲撃す!

人喰猪、公民館襲撃す!

2011年公開の韓国映画です。

キム・ガンス巡査(オム・テウン)が赴任したサムメリ村では、猪に食い荒らされた若い女性の惨殺死体が発見される。
村人たちは、プロの猟師を雇って雌の猪を捕獲するのだが、つがいを殺され怒り狂った雄の猪に公民館を襲撃される。
この人食い猪を倒すためキム・ガンス巡査や猟師、女性生物学者らの5人が山に入っていくのだった・・・。

 

タイトルそのまんまの映画です。

体重500キロを超す人食い猪が田舎の村の公民館で宴会中の住民を襲います。
でも、「公民館」というタイトルを考えた人は偉いですね。
なかなかのセンスだと思います。

ストーリーも役者の演技もショボイのですが、コメディタッチでなんとなく楽しめました。
人食い猪の映像は、それなりの迫力があったと思います。

この映画、いろんな映画などのパクリシーンがあります。
いくつあるか探してみるのも面白いでしょう。

でも、人食い猪が生まれた原因が日本にあるようなストーリーになっていたのは、いかにも韓国の映画だなという感じがしました。

まあ、簡単に言うと「メガピラニア」の猪版みたいな映画です。

評価 5

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発