火山高

火山高

2001年制作の韓国映画です。

暴力事件が原因で、いくつもの学校を追い出されたキム・ギョンス(チャン・ヒョク)は、これが最後の学校だと覚悟を決め「火山高」へ転校してくる。

だが、「教師の乱」で混乱した火山校では、支配者の証である秘伝書「師備忘録」を求める生徒達による覇権争いが続いていた。

火山高ナンバー1のハンニム(クォン・サンウ)もその1人だったが、チャン・リャン(キム・スロ)と教頭ハクサ(ピョン・ヒボン)の陰謀により、校長に毒茶を飲ませた犯人として逮捕され、代わりにチャンがナンバー1の座に就くのだった。

ギョンスが憧れる女子剣道部主将のチェイ(シン・ミナ)は、平和を取り戻せるのはギョンスしかいないと信じていたが、もう暴力事件を起こしたくないギョンスは、この争いに巻き込まれないようにしていた。

ある日、教頭は最強のパワーを誇る学園鎮圧教師五人衆を使って生徒達を支配下に置こうとする。
抵抗したチャンもあえなく五人衆の前に破れ、とうとうチェイが五人衆に挑もうとしたそのとき、ついにギョンスが立ち上がるのだった・・・。

 

すごく個性的な映画でした。

アクションシーンも迫力があって良かったと思います。

特に気孔術を使うシーンの映像がとても綺麗でした。
(「マトリックス」みたいな感じです。)
気孔は、「ドラゴンボール」で言えば「かめはめ波」、「ハンター×ハンター」で言えば「オーラ」、「ナルト」で言えば「チャクラ」みたいなものです。
最後にギョンスが使った必殺技がカッコ良かったですね。

ギョンス役のチャン・ヒョクですが、どこかで見たような顔だなと思っていたら、「僕の彼女を紹介します」に出演していた俳優ですね。
イメージが全然違って見えました。

コメディタッチのこの映画でもギョンス役をとぼけた感じでうまく演じていたと思います。

ところで、ギョンスが特殊な能力を持った理由が、幼い頃に電気うなぎ?の水槽に落ちて感電したため、というところが笑えます。

また、チェイ役のシン・ミナは、可愛いらしかったですね。
まだ、10代の頃でしょうか。

シン・ミナ

この映画が女優デビュー作だったそうです。
初々しいですね。

物語の設定は、結構ハチャメチャなのですが、私はまあまあ気に入っています。
また、ワイヤーアクションとデジタル画像処理で描写されている対決シーンは、迫力があって見ものだと思います。

ラストシーンは大いに盛り上がります。

評価 7

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発

Comments

  1. Pingback: 僕の彼女は九尾狐 | Every day is Sunday.

Comments are closed.