スクワーム

スクワーム

1976年制作のアメリカ映画です。

ジョージア州のとある田舎町で、ジェリー(パトリシア・ピアシー)は、母のナオミ、妹のアルマと3人で暮らしていた。
ある日、町を襲った嵐により、高圧線が切断され、30万ボルトの電流が地下に流れ始める。
次の日、ジェリーは町に遊びに来た恋人のミック(ドン・スカーディノ)を迎えに行く。
その帰り道、町の喫茶店でミックは飲み物を注文するのだが、その中に1匹のゴカイが入っていたのだった・・・。

 

古いホラー映画です。でも、結構有名な映画だと思います。

怖いと言うより、気持ちが悪い映画ですね。

まず、電気が流れるとゴカイが凶暴化するという設定がよくわかりませんが、気にしないでください。
(ホラー映画とはそういうものなのです。)

ジェリーもなかなか可愛らしい女の子でグッドです。
(やっぱりヒロインは可愛くなければ。)
また、ジェリーの恋人・ミックは、都会育ちで軟弱そうに見えますが、これがなかなかどうして、最後まで立派にジェリーを守ります。
(ちょっと、み直してしまいました。)

ジェリーに片思いのロジャーですが、シブトイですね。
顔面をゴカイに食べられても平気でいますし、大量のゴカイの群れの中に落ちてもまだ生きていました。

ところで、このゴカイのシーンなのですが、ただ単にゴカイ?をアップで映しているだけですね。
(確かに気持ち悪いのですが、すごい手抜きです。)

いちばん良かったのは、ジェリーの妹のアルマでした。
てっきり、ゴカイに食べられてしまったと思っていたのですが・・・。
さすが末っ子、ちゃっかりしていますね。

相当気持ち悪いので、ミミズ系が嫌いな方は観ない方がいいでしょう。

評価 5

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発