新少林寺 / SHAOLIN

新少林寺 / SHAOLIN

2011年公開の香港・中国の合作映画です。

1912年、辛亥革命の翌年の中国。

絶対的な権力を奮っていた将軍のコウ・ケツ(アンディ・ラウ)が、腹心の部下のソウ・バン(ニコラス・ツェー)の裏切りに合い、逃亡するのだが、愛娘のショウダン(嶋田瑠那)を亡くしてしまう。
それがもとで、妻のガンセキ(ファン・ビンビン)もコウ・ケツのもとを離れていく。

全てを失った侯杰は、少林寺の厨房係・ゴドウ(ジャッキー・チェン)に助けられ、少林寺の僧として働くことになのだったが・・・。

 

圧倒的なスケールの映画でした。
ストーリーも良く出来ており、最後まで面白く観ることができました。

基本的にはカンフー映画は好きなジャンルですが、この作品はアクションだけではなく、慈悲の心・人間の愛を訴えています。
舞台が少林寺ということで、仏教の教えが多々語られており、それが作品のテーマにもなっています。

「オーメン」などのキリスト教社会の話とは違い、やはり、仏教社会の話の方が日本人にはすんなり受け入れられるのでしょうか。登場人物の考え方や心情に素直に共感できました。

主人公のコウ・ケツ役のアンディ・ラウがかなり良かったですね。
それに負けじとソウ・バン役のニコラス・ツェーもいい演技をしていました。

また、ガンセキ役のファン・ビンビンがとても綺麗でした。

ファン・ビンビン

気品があって優しそうな奥さん役を演じています。

ジャッキー・チェンもいい味を出していました。
彼もずいぶん年を取りましたね。
でも、頑張ってみごとなアクションシーンを見せてくれます。

ラストシーンで、後光がさす大仏の手のひらのなかで静かに横たわるコウ・ケツ。
そして、全てが破壊され、多くの人々が死んでいる少林寺を見つめるソウ・バンはいったい何を思ったのでしょうか。
なかなか考えさせられる場面でした。

心を入れ替え、立ち直ったコウ・ケツを見つめるガンセキ。

ファン・ビンビン

彼も最後には妻のガンセキから許してもらうことができ、幸せだっただろうなと思います。
ファン・ビンビンの憂いのある表情が実にいいですね。
感動的な場面です。

少林寺の歴史やそこに仕える僧侶たちの誇りがよく描かれた作品だったと思います。

評価 8

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発

Comments

  1. Pingback: 墨攻 | Every day is Sunday.

Comments are closed.