幸福の黄色いハンカチ

幸福の黄色いハンカチ

1977年公開の日本映画です。

失恋してヤケになった工員・花田欽也(武田鉄矢)は、仕事をやめ、赤のファミリアを購入、失恋の傷を癒すために北海道旅行へ出かける。
一方、網走刑務所から、刑期を終えた男・島勇作(高倉健)が出所してくる。

網走にやってきた欽也は駅前で女の子に声をかけはじめ、ひとり旅の女の子・朱美(桃井かおり)をナンパして一緒にドライブを始める。
海岸にやってきた二人は、たまたまそこにいた勇作に写真を撮ってもらい、それが縁で3人で旅を始めることになるのだった・・・。

 

久しぶりにこの映画を観ました。

欽也が新車を購入するとき、バックで流れていたファミリアのコマーシャルがとても懐かしく思います。
また、当時はピンクレディとかキャンディーズが流行っていたみたいですね。
時代を感じさせます。

やはり、淡々とした演技の高倉健が何とも言えませんね。
勇作の中に隠されている優しさをうまく表現していたと思います。

武田鉄矢、桃井かおり、共に若いですね。
確か、武田鉄矢はこの作品が俳優としてのデビュー作だったとか。
欽也役の武田鉄矢は、最初はちょっと浮いている感じもしましたが、後半になるとなかなかいい味を出していたと思います。

実は、桃井かおりを知ったのもこの映画が初めてで、なんて個性的な女優なんだろうと思ったものです。

以前このブログで紹介した「幸せの黄色いハンカチ(ドラマ版)」とは、作品の深みが全然違います。

ラストシーンは何度観ても感動してしまいます。

特に、黄色いハンカチが1枚だけではなく、何十枚もあるところがとてもいいですね。
また、欽也と朱美のラブシーンにも深い意味が込められています。
素晴らしい演出だったと思います。

評価 9

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発