女囚さそり 701号怨み節

女囚さそり 701号怨み節

1973年公開の日本映画、「女囚さそり」シリーズ の第4弾です。

刑務所を脱走した松島ナミ(梶芽衣子)は、児玉警部(細川俊之)の執拗な捜査により逮捕されるが、護送途中で車を電柱に激突させ、ふたたび脱走する。
傷を負ったナミは、ヌード劇場で働く元過激派学生運動家・工藤(田村正和)に助けられる。
二人はいつしか心を許し会える仲となるのだった・・・。

 

今回は、ナミが結婚式場の衣装係?のアルバイト?として働いているところに警察が踏み込むシーンから始まります。
(脱走中によくそんなところで雇ってもらえたなあとは思いますが。)

ナミ

梶芽衣子は、相変わらず綺麗ですね。

この作品から監督が交代したためでしょうか、以前の作品にあったナミの野生的な凶暴さや怨念に燃える様子が薄れているような感じがしました。

それとも、工藤に心を許し結ばれてしまったためでしょうか?

工藤への復讐を果たしたナミが、
「あんたを刺したんじゃない。」
「あんたに惚れた松島ナミを刺したんだ。」
とつぶやくところも以外でした。

今までのナミだったら、有り得ないセリフだと思います。

児玉警部はナミへの復讐に燃え、かなり非道なこともしますが、でも何の罪もない奥さんが殺されてしまったわけで、同情の余地はあります。
そうすると、一番悪いのは工藤じゃないでしょうか。

それと、児玉警部に脅されてナミの脱走を手助けする女看守がかわいそうでした。
(ちょっとこの展開には無理があるような気もしますが。)

ところで、工藤役の田村正和ですが、さすがに若いですね。
それと、あの独特の話し方は昔からだったみたいですね。(笑)

もう少し、さそりのワイルドな部分を強調して欲しかったと思います。

評価 7

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発