岳 -ガク-

岳 -ガク-

2011年公開の日本映画です。

石塚真一のコミック「岳」が原作です。

世界の名峰を制覇した島崎三歩(小栗旬)は、日本で山岳救助ボランティアとして活動していた。
ある日、北部警察署山岳遭難救助隊に新人・椎名久美(長澤まさみ)が赴任してくる。
三歩の指導を受けて、久美は厳しい訓練をこなし、新人女性隊員として着実に成長していく。

そんなとき、猛吹雪の雪山で多重遭難が発生する。
久美は仲間と共に現場へ向かうのだが、そこには想像を絶する雪山の脅威が待ち受けていたのだった。

 

原作のコミックは読んだことがありませんが、この映画はオリジナルストーリーだということで、コミックを知らなくても十分楽しめる物語だと思います。
逆に知らない方がいいのかもしれません。

もう吹雪の中、救助のヘリコプターから飛び降りる久美。
ムチャにもほどがありますね。
ほんとに山岳遭難救助隊員とは思えない行動です。
ですが、物語としては大いに盛り上がります。

同じく、久美たちを助けに出かける三歩。
この先どうなるのか、ハラハラ、ドキドキの展開をみせます。

一方、山岳遭難救助隊のチーフ・野田正人(佐々木蔵之介)は、さすがに冷静な判断を下します。
もっともチーフまでがムチャすると話が成り立ちませんが・・・。

そして、久美が決断したことは・・・
もの凄いシーンでした。
ところで久美を演じた長澤まさみですが、この役にピッタリのイメージでしたね。
とても良かったと思います。

そして、クライマックスを迎えますが、結構感動しますね。

三歩が久美に教えたい大切なこと、

「山に捨てちゃいけないのは?」

「ゴミ」と「命」

という言葉が心に残りました。

私は山登りはほとんどしませんが、山の恐ろしさ、厳しさ、そして楽しさを満喫できる物語でした。

評価 8

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発