寄性獣医・鈴音 EVOLUTION

寄性獣医・鈴音 EVOLUTION

2011年公開の日本映画です。

春輝原作のケータイ配信コミック「寄性獣医・鈴音」を実写映画化した「寄性獣医・鈴音 GENESIS×EVOLUTION」の後編です。

鈴音が目を覚ますと、そこは見たこともない工場の様な場所だった。
この建物のどこかに院長の本間(木下ほうか)や助手の竹田葵(前田優希)も囚われているに違いないと考える鈴音。
そして、鈴音は、同じく閉じ込められていた高哉(高野八誠)と協力し脱出を試みるが、そんな二人の前にメイド服を着た謎の美少女(久保ユリカ)が現れるのだった・・・。

 

前作の続きですが、少しずつ謎が明らかになっていきます。

少しは盛り上がりをみせますが、思ったほどではありません。
また、後半では少しだけグロイシーンも登場しますが、これも中途半端です。
どうせならもっと過激に作って欲しいものです。

ラストシーンは、いままでの戦いはいったい何だったんだろう、と言いたくなるようなあっけない幕切れでした。
ホント意味がわかりません。

ちょっと良かったのは、メイド服を着た謎の美少女役の久保ユリカが可愛らしかったということだけですね。

正直言ってお薦めできません。

評価 2

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発

Comments

  1. Pingback: 寄性獣医・鈴音 GENESIS | Every day is Sunday.

Comments are closed.