寄性獣医・鈴音 GENESIS

寄性獣医・鈴音 GENESIS

2011年公開の日本映画です。

春輝原作のケータイ配信コミック「寄性獣医・鈴音」を実写映画化した「寄性獣医・鈴音 GENESIS×EVOLUTION」の前編です。

女獣医の有薗鈴音(吉井怜)は、人体に寄生し宿主を発情させる謎の寄生虫を駆除するため日々奮闘していた。
やがて寄生虫が増殖した裏に、悪の組織・鬼頭財閥の存在があり、また、失踪した父が関わっていることをことをつきとめる。
鈴音は真相を確かめるため鬼頭財閥に戦いを挑むのだった・・・。

 

何か中途半端な映画でした。

セクシー路線でいくのか、アクション路線でいくのか、どちらかに決めて欲しかったと思います。
また、展開が悪いのか、ストーリーの内容が分かりづらい作品でした。
それに、有薗鈴音役の吉井怜の演技がマズ過ぎます。

鈴音のコスチュームは色っぽくていいのですが、どうしてそのコスチュームなのか、必然性がありません。
ただ、それだけといった感じです。

この手の映画に求められるハラハラ、ドキドキ、ワクワク感がほとんど感じられません。

評価 2

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発

Comments

  1. Pingback: 寄性獣医・鈴音 EVOLUTION | Every day is Sunday.

Comments are closed.