女囚さそり けもの部屋

女囚さそり けもの部屋

1973年公開の日本映画、「女囚さそり」シリーズ の第3弾です。

前作の続きで、刑務所を脱走した松島ナミ(梶芽衣子)は、都会に潜伏して、逃亡生活を送っていた。
ある日、ナミは地下鉄で刑事・権藤(成田三樹夫)に手錠をかけられてしまうが、ナミは権藤の右腕を斬り落して逃走する。
右腕を斬り落された権藤はナミの逮捕に執念を燃やし、ついにナミを下水道に追い詰めるのだった・・・。
(すごく端折っています。)

 

とても面白いシリーズなので、3作目も続けて観てしまいました。
この作品では、1、2作目から変わって、ナミが都会での潜伏生活を送る様子が描かれています。

物語の冒頭、切り取った刑事の腕をぶら下げたまま逃走するナミの姿には驚きました。
インパクトが強すぎますね。衝撃的なシーンでした。

さそり(ナミ)のことを知っている元受刑者の女・鮫島カツ(李礼仙)が、復讐を恐れて警察に自首しますが、ナミは復讐を果たすために刑務所内にまで追いかけてきます。
凄まじい執念ですね。

ナミ

相変わらず恐ろしい目で、カツを睨み続けます。
また、半ば気が狂ったカツを利用して、権藤を殺してしまうナミ。
あいかわらず頭脳的で、みごとな手口ですね。

また、この作品では、子どもを大切に思う女の気持ちを平気で踏みにじる暴力に対する怒りをテーマにしています。

客の子供を身ごもったために、無理矢理堕胎させられ死んでしまった娼婦・しのぶ(森みつる)の無念さや実の兄の子を身ごもったユキ(渡辺やよい)の悲しみがよく伝わってきます。

また、自分を助けてくれたユキに時折り見せるナミの笑顔がとても優しく、印象的でした。

評価 7

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発