女囚さそり 第41雑居房

女囚さそり 第41雑居房

1972年公開の日本映画、「女囚さそり」シリーズ の第2弾です。

前作の続きで、捕らわれた松島ナミ(梶芽衣子)は刑務所の懲罰房へ入れられていた。
また、ナミは囚人たちの間で「さそり」と呼ばれ、ヒーロー的な存在になっていた。
そんなナミに対する刑務所長・郷田(渡辺文夫)の憎悪はいっそう強まっていき、他の囚人たちの目の前でナミを襲うように部下に命じるのだった。
大勢の前で辱めを受けたナミは半死半生となるが、野外作業からの帰り道、一瞬の隙をついて看守を殺し、同じトラックに乗っていた5人の囚人たちと共に脱走するのだった・・・。

 

この作品では、女囚たちの犯した罪や苦悩、憐みなどが中心に描かれており、ナミは淡々とした傍観者的な存在となっています。

女囚たちはそれぞれに悲惨な人生を歩んできたようですが、特に女囚たちのボス・大場ひで(白石加代子)が凄まじい過去を持っており、その狂気、恐ろしさがよく表現されています。
ただ、途中、妄想的なシーンが多々あり、ちょっとイヤになります。

また、女囚・石井くに子(都ローズ)が温泉客に乱暴され、殺されてしまうシーンには、ナミだけではなく怒りを覚えますね。

ナミは無益な殺生はしませんが、理不尽な暴力や裏切りなどに対しては徹底的に報復します。

ラスト、ナミはいつもの衣装で、郷田への復讐を果たしにきます。

ナミ

この衣装、あらためて見るとなかなかいい感じですね。

ナミの執念には恐ろしさを感じるほどですが、なぜか、復讐を果たすとスカッとした気分になります。

評価 7

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発