暴走特急

暴走特急

1995年のアメリカ映画、スティーヴン・セガール主演の沈黙シリーズの2作目です。

アメリカ CIA では、粒子ビーム砲搭載の監視衛星・グレイザー1を極秘裏に開発していた。
その頃、レストランのオーナーシェフとなっていたケイシー・ライバックは、姪のサラと共にアメリカ大陸を横断する豪華列車の旅行に出かける。
ところが、グレイザー1 の設計者であるトラヴィス・デイン博士も傭兵部隊を引き連れて、同じ列車に乗り込み、グレイザー1を使ったペンタゴンの破壊計画を進めるのだった・・・。

沈黙シリーズは、ケイシー・ライバックの活躍とアクションが見どころの映画です。
理屈抜きで楽しめる映画です。
この映画もシリーズ1作目の「沈黙の戦艦」と同じメンバーが出演していますが、さらにパワーアップした感じがします。
姪のサラ(キャサリン・ハイグル)がキュートで良かったです。
物語のなかでは、ケイシー・ライバックは敵も褒めるほど優秀な軍人で、有名なのですね・・・。

最近では沈黙シリーズとしてあまりにも多くの作品が制作されているため、訳がわからなくなりつつありますが、個人的には初期の3作品が大好きです。

同じような列車のアクション映画に、ジャン=クロード・ヴァン・ダム主演の「ディレイルド・暴走超特急」があります。
こちらもアクション満載の映画です。

評価 7

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発

Comments

  1. Pingback: 沈黙の戦艦 | Every day is Sunday.

Comments are closed.