刑務所の中

刑務所の中

2002年公開の日本映画、原作は花輪和一の漫画です。

主人公の花輪(山崎努)は、銃砲刀剣類不法所持、火薬類取締法違反で逮捕され、懲役3年の実刑判決を受ける。

刑務所に収監された花輪だが、刑務所での暮らしは思っていたほど過酷なものではなく、雑居房の個性あふれる4人の受刑者たちと厳しい規律に縛られながらも、それなりに快適な生活を送っていた。

そんな花輪だったが、ある日、不正連絡の罰で懲罰房に入れられてしまうことになる・・・。

 

実体験を元に作られているということで、とても興味を引く作品になっています。

なかでも、刑務所も週休2日制だったとは知りませんでした。
おまけにテレビも見られるし、SMの本も読めるとは驚きです。

食事はたしかに質素でしたが、でも分量は結構ありそうでした。
正月の食事はご馳走でしたね。

それと、刑務所暮らしが長くなると、みんな甘いものが食べたくなるのですかね。
おやつのアルフォートにみんなが憧れるシーンでは、思わず笑ってしまいました。

また、同室の仲間が個性的なメンバーばかりで、香川照之、田口トモロヲ、松重豊などが上手に演じていたと思います。

懲罰房に入れられた花輪ですが、そこで黙々と薬袋を作るうちに、今までにない充実感みたいなものを覚えていきます。
確かに、プライベートな空間が全くない雑居房で過ごしていると、一人になりたい気持ちにもなるのでしょうね。
なかなか、うまいところを突いていると思います。

結構、花輪の心情には共感を持てます。

全体的に、重々しい雰囲気ではなく、楽しく観られる作品になっています。

評価 8

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発