リンダ リンダ リンダ

リンダ リンダ リンダ

2005年公開の日本映画です。

高校の文化祭を数日後に控えたある日、軽音楽部に所属しているガールズバンドのメンバーのひとりが骨折したことで、バンドが分裂してしまう。
ギターとボーカルがバンドを離れてしまったため、残った3人は韓国からの留学生をボーカルに引きいれ、文化祭ライブへの出演を目指すことになる。
ライブまであと3日しかない。
彼女たちの練習が始まるのだが・・・。

淡々とした物語の展開が、高校生時代の青春の輝きをよく表現していたと思います。
ボーカル・ソン役のペ・ドゥナですが、最初はどうかなと思いましたが、物語が進むにつれて、だんだん好きになっていきました。
恵役の香椎由宇は、とても大人っぽいですね。
途中、誕生日に大きな手をプレゼントされた場面は、「なんだ。これは!」と思いましたが、実は○○だったのですね。
個人的には、響子役の前田亜季の明るい笑顔が好きです。
特にラストの「・・・言えなかった。」というところがいいですね。

「うた魂」や「スウィングガールズ」などの青春映画もありますが、この映画が一番リアルに高校生を描写している感じがしました。

評価 8

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発