女闘牌伝 王牌に愛された千鳥積み

女闘牌伝 王牌に愛された千鳥積み

2008年制作の日本のオリジナルビデオで、麻雀ドラマ「女闘牌伝」シリーズの第2弾です。

父親を謎の事故で無くした千鳥(希志あいの)は、叔父が経営する雀荘九連で住み込みとして働いていた。
でも、麻雀の腕は素人級でいつも振り込んでばかりだった。

ある日、千鳥は裏技を使う雀ゴロたちをコテンパンにやっつけるほどの腕を持った臼井という男から麻雀を教えてもらうことになる。

彼女は、以前から父が亡くなった原因が麻雀に関わるもめごとにあると聞いており、強い麻雀打ちになって、その真相を調べたいという思いを持っていたのだった・・・。

 

「女闘牌伝」シリーズでは、この作品がいちばん面白いですね。

ストーリー自体が他の作品よりも良くできており、また、麻雀の裏技勝負もそれなりに緊迫感があります。

ただ、登場する役者はみんな演技が下手すぎます。
なんとかして欲しいと思いますが、まあ、この手の映画ですからしょうがないですね。

それとセクシーシーンは、ほとんどありませんので期待しないでください。

最後の大勝負、千鳥が「私に打たせて!」と登場しますが、どうしてチャイナ服なんでしょうか?
思わず笑ってしまいました。
女性雀士に対して、なにか変な固定観念があるような。
でもまあ、実際の女流プロもよくチャイナ服とか着ていますしね。

ちなみに私は、二階堂亜紀さん、黒沢咲さん、宮内こずえさんのファンです。
ネット麻雀「ロン2」でも対戦したことがありますが、やっぱり強かったですね。

評価 5

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発