HERO

HERO

2007年公開の日本映画、フジテレビ系の連続ドラマ「HERO」の劇場版です。

6年ぶりに東京地検・城西支部に戻った検事・久利生公平は、同僚検事の芝山に代わって、芝山が起訴した傷害致死事件の公判検事を任されることになる。
芝山の取り調べでは容疑者・梅林圭介が自供していたため、早々に決着がつくと思われていたが、裁判になると梅林は一転無罪を主張する。
しかも、その梅林の弁護には刑事事件無罪獲得数日本一の敏腕弁護士の蒲生一臣が着いていた。
梅林は、特捜部が追っていた代議士・花岡練三郎の贈収賄事件において、花岡のアリバイの証人となっていたのだった。

全体的に、物語は面白く、見応えがあります。
でも、途中に滝田明彦と泉谷りり子が登場しますが、私はドラマシリーズを観ていなかったため、意味がよくわかりませんでした。
初めての人でも解るように作り方にもうひと工夫あればと思います。

花岡練三郎役が森田一義だったのはちょっとガッカリしました。
もう少し重厚なイメージがある役者の方がよかったと思います。
裁判官役の岸部一徳は良かったですね。

あと、韓国まで車を探しに行った時、雨宮舞子のバッグに入れられたUSBの行方がすごく気になります。

評価 7

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発