キル・ビル Vol.1

キル・ビル Vol.1

2003年公開のアメリカ映画、同シリーズの1作目です。

殺し屋稼業から足を洗ったザ・ブライド(ユマ・サーマン)は、結婚式のリハーサルの最中に所属していた世界最強の暗殺集団のボスであるビル(デビッド・キャラダイン)とその配下の4人の殺し屋たちからの襲撃を受ける。
夫を殺され、妊娠していた彼女も凄惨なリンチにより重傷を負い昏睡状態に陥ってしまう。

それから4年後、昏睡から目覚めたザ・ブライドは、ビルと4人の殺し屋への復讐を誓い、まずはビルの協力により東京を仕切るヤクザの親分に出世したオーレン石井(ルーシー・リュー)を標的に定め、沖縄へと向かうのだった。

 

物語の冒頭が少し分かりにくいのですが、敵の一人・ヴァニータ・グリーン(ヴィヴィカ・A・フォックス)へ復讐する場面から始まります。
コーンフレークの箱の中に拳銃を隠し持っているなんて、ヴァニータもさすが元殺し屋ですね。

また、途中のアニメシーンとか、服部半蔵の作った刀とか、挿入歌など意味が良く分からないところもありました。

ですが、ストーリーは実に単純で、ザ・ブライドの復讐劇なのですが、物語の最後にオーレン石井たちの宴会場へ乗り込み、チャンバラを繰り広げるアクションシーンが見ものです。

オーレン石井の女子高校生風の用心棒役の栗山千明が実にいい味を出しています。
(個人的には女子高の制服姿が気に入っています。)
彼女の眼には殺気が溢れ、夕張の残虐、冷酷、狂気な性格をみごとに表現しています。
鉄球を振り回すアクションもみごとでした。

手足が切り取られたり、首が吹っ飛ぶなどの残虐なシーンが多いので、苦手な方はご注意を。

評価 8

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発