あずみ 2 Death or Love

あずみ 2 Death or Love

2005年公開の日本映画、2003年公開の映画「あずみ」の続編です。

仲間を失い二人だけになってしまった、あずみ(上戸彩)とながら(石垣佑磨)は主君・加藤清正の仇をとろうとする井上勘兵衛(北村一輝)に付け狙われていた。

南光坊天海(神山繁)の手下に助けられた二人は、天海に残り一人の敵・真田昌幸(平幹二朗)を討ち果たすことが使命だと言い、ながらと、くノ一のこずえ(栗山千明)を引き連れ、真田昌幸がいる九度山を目指し出発する。

だが、真田昌幸もまた空如(高島礼子)を頭とした上野甲賀忍者を使い、天海を抹殺して、豊臣家の復権を果たそうと策略していた。

そして、天海の命を狙う真田軍とあずみとの壮絶な戦いが始まるのだった。

 

相変わらず、あずみはとてもカッコイイですね。
原作のあずみのイメージに上戸彩はピッタリの雰囲気を持っています。

ただ、映画のタイトルに付いている「Death or Love」がいただけません。
いかにも安っぽい映画に思えてしまいます。(私の偏見でしょうか?)

ストーリーは原作とは違っていましたが、前作に比べて映画全体のスケールやアクションシーンがよりパワーアップした感じです。
特に空如の部下の六波や土蜘蛛と戦うシーンは迫力もあり、面白かったです。
土蜘蛛が竹林に張り巡らしたワイヤーの網に囲まれ、絶体絶命のピンチに陥ったあずみですが、竹ごと斬って、土蜘蛛を倒すシーンは圧巻でした。

また、敵方の草となっていたくノ一・こずえ役の栗山千明もいい演技で、表情や使命感の重圧で半ば狂ったような様子がとても良かったです。

ラストにあずみと真田昌幸の一騎打ちの場面がありますが、槍を切り裂きながら昌幸までも切ってしまうあずみの腕に驚きました。
なかなかの名場面です。

また、主君が打たれてもあずみには手を出すなと部下を止めた真田幸村。
「何よりも重いものは武士の約束」と勘兵衛を諭します。
さすがに名君ですね。

全体に前作よりもリアル感があって良かったと思います。

評価 8

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発