雀魔

雀魔

2011年制作の日本のオリジナルビデオ(Vシネマ)です。

女子大生のアカネ(百合野もも)は、闇の高レートの麻雀賭博場で、脱衣麻雀のエンジェルと呼ばれていた。

脱衣麻雀とは、お金を賭ける代わりに自分の体を賭ける勝負で、着ている服1枚が5,000点換算、負ければ点数に応じて服を脱いでいく。
そしてハコテンになれば全裸になり、なおかつ全裸にした相手はアカネと一夜を共にすることができるというルールだった。
だが、彼女は下着姿にはなっても、一度も全裸にはなったことがないという凄腕の雀士だったのだ。

ある日、彼女は生き別れとなった父親の手がかりを探すために、ヤクザとの勝負に挑むことになるのだったが・・・。

 

まあ、いわゆるセクシー系の映画ですが、それほど過激ではありません。
ストーリーもまずまずの構成で、話としてはまあまあ面白いものでした。

お前は「脱衣麻雀の意味を理解していない。」という言葉の中に秘密が隠されています。
麻雀の醍醐味もほんの少しだけは楽しむことができると思います。

主役の百合野ももは、この作品を観て初めて知ったのですが、なかなか可愛らしくて、女子大生役をうまく演じていたと思います。
彼女を知らない人は一度見てもいいかも。

ラストは意外な展開になっています。
と言いますか、途中で先が読めてくると思いますが、「女闘牌伝 伝説の神技・ガン牌継承」よりは、面白い作品だと思います。

評価 5

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発