あずみ

あずみ

2003年公開の日本映画、原作は小山ゆうの漫画「あずみ」です。

戦乱の世、将来、徳川の敵となる輩を事前に抹殺するための刺客を養成するよう、徳川家康の側近・南光坊天海(佐藤慶)の密命を受けた小幡月斎(原田芳雄)は、幼い子供たちを集めて刺客として育てあげる。
母を失い孤児となった少女・あずみ(上戸彩)もその中の一人で、剣の達人へと成長していた。

ある日、彼らに浅野長政、加藤清正、真田昌幸の暗殺使命が下る。
みごとに浅野長政(伊武雅刀)を打ち取った彼らだったが、次に狙った加藤清正(竹中直人)の襲撃には失敗し、逆に清正の側近・井上勘兵衛(北村一輝)から狙われることになる。

次々に死んでいく仲間たち、そして月斎も敵に捕らわれてしまう。
月斎の救出に向かうあずみ。
だが、清正の兵士や夜盗たち百人以上と最強の敵・最上美女丸(オダギリジョー)が、あずみの前に立ちはだかるのだった・・・。

 

あずみ役が上戸彩なので、アイドル映画系かなと思いましたが、観てみるとまあまあの出来栄えでした。
原作のストーリーとは若干違うことろもありましたが、それなりにまとまったストーリー展開となっています。

個人的には上戸彩のファンなので、少しひいき目になっているかもしれませんが。(笑)

なんといっても、あずみの強さが際立っています。
あんなに可愛らしい少女なのに剣を抜くととてつもなく強い、そのギャップがいいところです。
でも、心は純真で、自分の任務が本当に正しいことなのか常に疑問に思っています。

また、あずみたちと友達になる旅芸人の少女・やえ(岡本綾)が、素朴で可愛らしく、とてもいい感じでした。

あずみと美女丸との対決の場面ですが、もう少し盛り上がりがあれば、もっと良かったと思います。

評価 7

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発

Comments

  1. Pingback: あずみ 2 Death or Love | Every day is Sunday.

Comments are closed.