武士の一分

武士の一分

2006年制作の日本映画です。

海坂藩藩主の毒見役を務める侍・三村新之丞(木村拓哉)は妻・加世(檀れい)と幸せに暮らしていた。
だがある日、毒見の際に食べたつぶ貝の毒にあたり、一命は取り止めたものの、失明してしまう。
一時は絶望のあまり死のうとする新之丞だったが、加世の支えもあり、徐々に生きる気力を取り戻していく。

そんなある日、加世と藩の番頭・島田藤弥(坂東三津五郎)との不貞の事実を知った新之丞は、加世を離縁する。
だが、島田藤弥は、体を預けることと引き換えに家禄を保障するよう口添えすると加世を騙し、弄んでいただけだった。

真相を知った新之丞は、自らの「武士の一分」を賭けて果たし合いを挑むのだった。

 

この映画は結構評判が良かったようですね。
この映画を観る前までは、木村拓哉主演の時代劇はどうかな?と思っていましたが、なかなかの出来だったと思います。
でも、やはりテレビドラマのイメージが抜け切れませんね。

木村拓哉の演技はともかく、真実を知ったときの新之丞の気持ちが痛いほど伝わってきます。
盲目の身でありながら、加世を騙した島田にせめて一太刀をと誓う新之丞。
これが「武士の一分」なのでしょう。

死闘の結果、島田の片腕を切り取り、加世の仇をとった新之丞ですが、彼にはいったい何が残ったのでしょうか?

最後は中元の徳平(笹野高史)の気転により、ハッピーエンドの結末を迎えます。
思ってもいない展開でしたが、とても良かったと思います。
評判が良かったのもわかる気がしました。

評価 8

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発