デスノート the Last name

デスノート the Last name

2006年公開の日本映画、デスノートの続編です。

主人公・夜神月(やがみ・らいと)は、死神が地上に落とした「デスノート」を拾う。
デスノートは、そこに名前を書かれた人間は心臓麻痺で死んでしまうという恐ろしいものだった。
夜神月は、このノートの力を使い、法では裁けない犯罪者を次々と粛清し始めたのだった。
そして、世間からキラと呼ばれるようになる。
一方、警察では、この事件を解決するために数々の難事件を解決してきた”L”に協力を依頼する。
夜神月と”L”の戦いが始まる。

キラの逮捕に協力するということで、夜神月は自ら捜査本部に乗り込み、”L”と互いに腹を探り合うのだった。
そこに、別のデスノートを持っている第2のキラが現れる。
夜神月と第2のキラは手を組み”L”を抹殺しようと動き始めるのだったが・・・。

デスノートのシリーズは、3作あります。

  • デスノート
  • デスノート the Last name
  • L change the WorLdthe Last name

原作とは一部ストーリーが異なっていますが、全編を通じて見ごたえのある映画でした。
なんといっても、”L”役の松山ケンイチの演技はすばらしいものがあります。
“L”の雰囲気をみごとに演じていました。
夜神月役の藤原竜也は、最初は少しキャラクタが弱いかなと思いましたが、だんだん慣れてきます。
また、第2の”キラ”・ミサミサこと弥海砂役の戸田恵梨香もいい味を出しています。
原作のイメージと違和感がなく、最後まで飽きさせない映画でした。

評価 7

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発

Comments

  1. Pingback: ブルータスの心臓 | Every day is Sunday.

Comments are closed.