ランボー

ランボー

1982年公開のアメリカ映画、原題は「First Blood」、ランボーシリーズの1作目です。

ベトナム帰還兵のジョン・ランボー(シルヴェスター・スタローン)は、食事をとるためにある町に入るが、保安官のティーズルにトラブルを起こしそうな流れ者だと決めつけられ、強制的に町を追い出される。
それでも町に入ろうとしたランボーは罪もないのに逮捕され、保安官事務所へ連行されてしまう。

ところが、取調べにあたった保安官たちは、ランボーに対して拷問じみた嫌がらせを行う。
保安官たちがランボーの髭を剃ろうと羽交い絞めにし、剃刀を近付けたその瞬間、ベトナムで受けた拷問の様子が蘇り、ランボーは保安官事務所から逃走してしまう。

そして、山中へ逃げ込んだランボーと保安官、さらには州警察との戦いが始まるのだった。

 

昨日に引き続きランボーが観たくなりました。

やはりシリーズ1作目は新鮮ですね。
ランボーがすごく野生的に描かれ、彼の孤独さや脳裏に染みついた戦争の傷跡がよく表現されていると思います。

ですが、ヘリに乗ってランボーを狙撃しようとした保安官は最低ですね。
もともと自分が悪いのに・・・ちょっとランボーがかわいそうでした。

保安官たちに追われて、崖から飛び降りるシーンは圧巻です。
そして、傷ついた腕を自分で縫うシーンは何度観てもスゴイですね。

「この山では俺が法律だ。」と忠告するランボー。
さすが元グリーンベレーで、ゲリラ戦の勇士ですね。

物語の最後の方で、ランボーがトラウトマン大佐(リチャード・クレンナ)に自分の思いを告白するシーンは、ベトナム戦争で深い傷を負ったアメリカ合衆国を象徴していたと思います。

評価 8

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発