ランボー 最後の戦場

ランボー 最後の戦場

2008年公開のアメリカ映画、「ランボー」シリーズの4作目です。

ベトナム帰還兵ジョン・ランボー(シルヴェスター・スタローン)は、タイ北部のジャングルで、毒ヘビ狩りなどをしながら暮らしていた。
ある日、ランボーのところへキリスト教系のNGOの団体が来て、ミャンマーへの案内を依頼される。
一度は断ったランボーだったが、NGOのひとりサラ・ミラー(ジュリー・ベンツ)の熱心な頼みに心を動かされ、彼らをミャンマーまで送り届ける。
だが、数日後、そのNGOの団体がミャンマー軍に捕らえられた事を聞く。
ランボーは、彼らの救出のために雇われた傭兵たちを再びミャンマーまで送り届けることになるのだが・・・。

 

この作品は、前作までのシリーズ作品と違い、戦闘シーンがかなりリアルに描かれています。
そのため、相当グロいシーンが多数登場します。
嫌いな方はご注意を。

正直、ランボー役のシルヴェスター・スタローンもちょっと太り気味で、ずいぶん齢をとったなという感じがしました。
でも、ランボーが得意の弓矢(コンパウンド・ボウ)で敵を倒すシーンは圧巻でしたね。
また、不発弾のトールボーイ爆弾にトラップを仕掛けて、敵を一網打尽にするシーンは、ランボーらしさが良く出ていました。

今作ではもう一人、傭兵の狙撃手・スクールボーイ(マシュー・マースデン)が活躍します。
狙撃の腕は確かで、またその狙撃銃の破壊力が凄まじいものでした。
彼は、危機一髪のところで、ランボーとサラを助けます。
このシーンがカッコ良く見所のひとつです。

ところで、NGOリーダー・マイケル・バーネット(ポール・シュルツ)には、とてもムカつきます。
ランボーが助けなければ、みんなが殺されていたかもしれないのに「どんな場合でも人殺しはいけない。帰ったら報告する。」などと堂々と言う神経がわかりません。
世の中にはそういう人もいるのでしょうか?

ラストシーンは、サラの言葉に影響されたのでしょうか、ランボーが故郷に帰る姿で終わります。
少し感傷的になるかもしれません。
彼の心の奥にある苦悩が解放される時が来たのでしょうか?

評価 8

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発