イルマーレ

イルマーレ

2000年制作の韓国映画です。

イル・マーレという名の海辺の家にひとつの郵便受けがあった。

1999年も終わろうかとしていた頃、イル・マーレに住んでいたウンジュ(チョン・ジヒョン)は、「私に届いた手紙は新しい住所へ転送して欲しい。」と次の住人に宛てた手紙をその郵便受けに入れて、住まいを移る。
だが、その郵便受けの手紙を見たのは、1997年のイルマーレに住んでいるソンヒョン(イ・ジョンジェ)だった。
その郵便受けは、時間を超えて、手紙のやり取りができる不思議な郵便受けだったのだ。

最初は半信半疑だった二人も、お互いが生きている時代が違うことを信じはじめる。
そして、何度も手紙のやり取りを続け、やがて二人は恋に落ちていくのだった。

 

コテコテの恋愛映画ですね。
この映画は、知り合いの女の子から勧められて観てみたのですが、ちょっと苦手なジャンルの映画でした。

設定はよく考えられています。
過去の男性は未来の女性を知ることができるのですが、未来の女性は過去の男性に出会っても誰だかわかりません。
ですが、こういう展開はすごくイライラしますね。

唯一の救いは、ウンジュ役のチョン・ジヒョンですね。
彼女は「猟奇的な彼女」や「僕の彼女を紹介します」「ラスト・ブラッド」などのイメージが強いのですが、こんな役もできるのですね。
なかなか良かったと思います。

ラストシーン、何も知らないウンジュに告白するソンヒョン、その後どうなったのでしょうか?
この終わり方、とても気になりますね。

ところで、この映画のリメイク版が2006年にアメリカ映画として制作されていますね。
主演はキアヌ・リーブスとサンドラ・ブロックですが、どのような作品に仕上がっているのか興味があります。

でも、それほど観たいとは思いませんが・・・。

評価 6

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発