アンフェア the answer

アンフェア the answer

2011年公開の日本映画、テレビドラマ「アンフェア」の劇場版2作目です。

劇場版1作目の続きです。
警察病院占拠テロ事件の解決後、雪平夏見(篠原涼子)は海道道西紋別署刑事課で勤務していた。
その頃、東京ではネイルガンによる連続殺人事件が発生していた。
その事件は容疑者となった者が次々と殺されていく予告殺人事件であり、今度は雪平の元夫・佐藤和夫(香川照之)が容疑者となってしまう。
危険を悟った和夫は、北海道で雪平と密会し、警察組織の機密が隠されているUSBメモリを手渡す。
だが、その和夫も何者かに殺され、そして雪平が容疑者となってしまうのだった・・・。

 

面白かったですね。
やはり、雪平夏見役の篠原涼子が、クールでカッコいいですね。
女性が主人公のハード・ボイルドは、この映画が一番でしょう。

ラストシーン、思いもしないカラクリが隠されており、雪平が「〇〇〇〇、バカかお前は。」とつぶやくシーンが好きですね。

前半はちょっとかったるい展開ですが、物語は徐々に盛り上がっていきます。
西紋別署刑事課長の一条道孝(佐藤浩市)と雪平のラブシーンがちょっとくどい感じもしました。

警視庁刑事部捜査一課長・小久保祐二(阿部サダヲ)、警視庁刑事部鑑識課検視官・三上薫(加藤雅也)、所轄の刑事・山路哲夫(寺島進)などお馴染みのメンバーに加えて、東京地検検察官・村上克明(山田孝之)が登場します。

いったい誰が黒幕なのか、二転・三転するストーリーは、さすがアンフェアといったところでしょう。

この作品で、前作で謎として残った警察組織の不正をあばく鍵となるUSBメモリの秘密と背後にいる黒幕の存在が明らかになります。
ということで、この作品で一応の結末を迎えますが、でも、まだ続編ができるような、いやぜひ作って欲しいと思います。

エンドロールに流れる歌は、ちょっとという感じでやめた方が良かったと思います。

なお、エンドロールでこの物語の隠された部分の映像が流れますのでお見逃しなく。

評価 9

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発

Comments

  1. Pingback: アマルフィ 女神の報酬 | Every day is Sunday.

Comments are closed.