ハイキック・ガール!

ハイキック・ガール!

2009年公開の日本映画です。

女子高生の土屋圭(武田梨奈)は、空手道場の松村義明(中達也)の弟子であり、男顔負けの強さを誇っていた。
彼女は強くなりたいがため、黒帯狩りと称して、有段者と勝負する日々を過ごしていた。

ある日、謎の格闘家集団「壊し屋」から誘いがあり、入門テストを受けることになる。
テストには合格したのだが、それは、松村に恨みを抱く「壊し屋」の幹部、拳牙(天野暁兒)と竜足(須藤雅宏)の罠だったのだ。

 

土屋役の武田梨奈が良かったですね。
女子高校生の制服姿での空手のシーンが何ともカッコいいのです。

ストーリーは単純なのですが、ワイヤーやスタント、CGなどを使用していない本格的な空手のアクションが良かったです。

師匠の松村が圧倒的な強さで、拳牙や竜足との勝負も一瞬で決まってしまいます。
もっと盛り上がりがあるのかなと思いましたが、一撃必殺、きっとそれが空手の神髄なのでしょう。
カンフー映画のようにだらだらと勝負が長引くよりも良いと思います。

最後に土屋が言います。
「空手とは守るための武術。私は空手が大好きです。」
彼女も空手の心を学んだようですね。

武田梨奈のアクションを観るだけでも価値があります。

評価 7

Author: balkan

素人プログラマー Windows用ゲームソフトの開発